11月のお休みと、ヒンメリワークショップのこと

こんばんは☆ 今日はピザをたらふく食べて幸せなさかまのぶこです。

とうとう冬が目の前まで来てしまいました。
古いおうちのさかま整体所、先週末から灯油ストーブ始めました。

エアコンと違って、ほんわか優しい温もり。
ストーブっていいね!

さて、今月のお休みです。
イレギュラーなお休みは今月はありません。
毎週火曜日と第三日曜日(11/15)がお休みです。

そうなんです、好きが高じてなんとヒンメリのワークショップをさせていただくことに!!
わ〜い!嬉しい!!!ありがとうございます!!!

12/19(土)〜12/27(日)鶴巻温泉にある元湯 陣屋さん
gift〜暮らしの「ニコリ」に会いに行く、13作家の作品展〜
が開催されます。

がんばった自分へのご褒美や、大切なあの人への贈る「たったひとつのもの」をテーマに作品が並びます。

作家さんは
・染め織作家の石黒裕子さん
・陶芸家の伊東正明さん
・ガラス作家の大谷佳子さん
・陶芸家の岡村友太郎さんと岡村朝子さん
・趣耕人の川合和彦さん
・木漆作家の川合綾さん
・うつわ作家の丹羽健一郎さん
・mizum工房の水野正博さんと水野雅世さん
・フローリストの遠山奈美江さん
・キャンドル作家のla forest verte(mie)さん
です。

このそうそうたるメンバーに混ざって、さかまのぶこがヒンメリのワークショップをします。

日にち:12/20(日)と12/23(祝水)
時間:12/20→①11:00〜13:00 ②14:30〜16:30
12/23→①13:00〜15:00 ②16:30〜18:30
参加費:3,500円(材料費込・日日食堂のお茶とお菓子付き)
持ち物:なし
定員:8名
※ご予約優先です。
※小学生以下のお子様は、保護者の方と一緒に受けることが出来ます。

ヒンメリは冬至を迎えるために各家庭で作られてきたフィンランドの伝統装飾です。
米文化の日本がしめ縄やしめ飾りを稲わらで作るように、フィンランドでは主食であるライ麦の麦わらを使ってヒンメリを作ります。
ヒンメリを家族の集まる食卓の上や玄関、台所に飾って自然への恵みの感謝や五穀豊穣、家内安全などを願う。
そんなところも日本の文化とリンクしてるのです。

始めてヒンメリと出会ったのは、キャンドルナイトという古い旅館でのイベント。
築100年以上の古い旅館の長い廊下の天井に数え切れないくらいのヒンメリがキャンドルの暖かい光の中でゆっくりゆっくりと揺らめいていて、そのヒンメリの作り出す光と影になんともいえない心地の良さを感じ一瞬で魅了されてしまったのです。

と言うことで、もっとたくさんの人にヒンメリの作り出すあの暖かい優しい光と影を味わってほしいなと想いを込めてワークショップをするのですよ☆

今回のワークショップは基本の形をみんなで学びます。作るのは正8面体です。
同んなじ形でも大中小いろんな大きさを作って組み合わせると、自分だけのオリジナルのヒンメリが完成します。

出来上がったヒンメリをお家のお気に入りの場所に飾って、冬至を迎えましょう。

あ。そうそう!
ワークショップでお茶とお菓子をお出しするのですが、大磯の日日食堂とコラボしま〜す!!
料理長のちえちゃんにヒンメリをお題にお菓子を作ってもらいます。
こちらも愉しみ!!

ヒンメリワークショップの申し込み&お問い合わせは、さかま整体所まで。
0463-73-6487/osio@sakama-seitaiaho.com

※携帯メールでのお問い合わせの場合、返信メールがが届かない事があります。
必ず、お電話番号もしくはPCメールのアドレスをご記入ください。

12/23はキャンドル作家のmieさんのキャンドルナイトと遠山奈美江さんのリース作りのワークショップも開催されます。
こちらも愉しみ(*´艸`*)


コメントは受け付けていません。